ようこそ、新輝塗装店のウェブサイトへ
ホーム > 沖縄で快適に暮らすために > 今話題の「光触媒」とは「光触媒シックコート、ECコート他」
業務内容のご紹介
新輝塗装店からお客様へ

今話題の「光触媒」とは…

今、話題の光触媒とは、触媒となる酸化チタンが自然光や蛍光灯など紫外線を受けることによって、有害物質を除去したり、環境を浄化する働きのことを言います。住宅はもちろんのこと、内装インテリアや化粧品などさまざまな場面で注目を浴びています。
また、建材や家具から発生する化学物質が原因の体調不良「シックハウス症候群」への有効な対策法として現在、大きな注目を浴びているのが「光触媒」です。

光触媒は光(紫外線)があたると化学反応で有害物質を除去します。 屋外では太陽の光、屋内では窓からの光と照明の光を利用する環境にやさしいテクノロジーです。

弊社は光触媒技術において国内でもトップ企業の一つSICコーティングス様の認定施工店となっております。光触媒にご興味のある方はぜひ一度お問い合わせ下さい。

以下画像及び文章はSICコーティングス様のサイトを参照・引用いたしました。

光触媒の仕組み

光触媒シックコート、ECコート他ご紹介

光触媒 シックコートの特長

従来では塗料に直接コーティングすることができなかった光触媒塗料ですが、SICコーティングス様が開発した「シックコート」は、直接コーティングが可能になり、お客様の好みの色に仕上げることができます。
また、従来の光触媒では光が当たらないと効果が出ませんでしたが、シックコートは夜間、アパタイトが有機物質を吸着し、朝日が当たると二酸化チタンが無害化してくれます。

シックコートは業界最高レベルの防汚性!また有機物質の分解には一定の時間が必要でしたが、アパタイトが吸着した物質を逃さないため、確実に分解することができます。そして、シックコートの最大の特徴は、「業界最高レベルの防汚性」です。写真をご参照ください。

ECコート(浸透性防汚保護剤)

近年コンクリートは大気汚染や酸性雨による中性化と、それに伴う劣化が問題となっています。外壁表面の汚れやカビ、藻の付着は美観を損なうだけれはなく、劣化を促進します。

SICコーティングス様が開発したECコート(浸透性防汚保護剤)は、撥水剤が長期間持続し、耐久性に優れたコンクリート撥水保護コートです。 コンクリート基材の内部で硬化し、ガラス層を形成し水の進入を防ぐので、汚れ防止、エフロ(白華)防止、カビ、藻の繁殖しやすい湿気を大幅にカットします。またセルフクリーニング効果も手伝い汚れやカビ、藻から基材を長期間守るのが特長です。

弊社は光触媒技術において国内でもトップ企業の一つSICコーティングス様の認定施工店となっております。光触媒にご興味のある方はぜひ一度お問い合わせ下さい。

※光触媒の詳細はSICコーティングス様のサイトをご参照ください。

このページの最上部へ

各種お問い合わせ方法をご準備しております